代わる新たな技術と言われるインプラント。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうすると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。
また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。
障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つとされています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。
一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
参考にしたサイト>>>>>ホワイトニング用の歯磨き粉でケアする事です